CONTENTS
「賃貸 初期費用」
に関連するツイート
Twitter

賃貸アパートに住むデメリットとは

賃貸アパートに住むデメリットとは 賃貸アパートに住むデメリットは、いつ取り壊しになり、立ち退きを迫られるかわからないということです。
賃貸マンションなら、よほど古くならない限り、そうした心配はありませんが、賃貸アパートの場合は、築10年程度でも、マンションに建て替えるなどの理由で、普通に立ち退きを迫られます。
この場合、契約期間は何の意味も持ちません。契約更新料を支払い、新たな契約期間を設定した直後でも、立ち退きを迫られることなど日常茶飯事です。
法律上は、家主はマンションに建て替えるから、などという理由で借り手を立ち退かせることはできません。しかし、他の住人がすべて立ち退いてしまって取り壊し工事が始まっても、一人住み続けることなど、普通はできないでしょう。
もちろん、家賃を支払い続けている限り、住み続けることは可能ですが。賃貸アパートには、築浅であっても、常にそうした可能性があるということがデメリットです。
いつも、その可能性を考えておかなくてはなりません。

賃貸アパートに入居するための初期費用

これから一人暮らしを始めるにあたって最初に直面する問題が、賃貸アパートへの入居に伴う初期費用についてではないでしょうか。
いったい何にどの程度の費用がかかるのか、見当がつかずに困っている人も多いものです。そのためにかかる費用を整理してチェックしていきましょう。
賃貸アパートを借りる場合には、最初の1ヶ月分の家賃が最低限必要です。また敷金や礼金としてそれぞれ1ヶ月の家賃と同額を納めることが条件となっている物件が多いです。
つまり5万円の家賃の物件であれば、敷金礼金を含めて15万円が必要です。最近は敷金礼金ゼロ物件も増えてきていますので、よく確認しておきましょう。
引越し費用も必要です。一般的な単身者向けのパックでしたら、3万円から5万円程度が相場となっています。
家電付きの物件でない場合には、生活家電も必要です。冷蔵庫と洗濯機、電子レンジなどをすべて揃える場合は安価なシングル用のものであっても10万円程度は用意しておくと良いでしょう。
その他に、家具や寝具の購入、当面の生活費などを含めてさらに10万円程度は必要となります。買い揃えるものの内容にもよりますが、これらのことを総合して考えると、初期費用としては40万円から50万円ほどを見積もっておくと、余裕のある新生活をスタートさせることができると言えます。

Valuable information

塾を北与野エリアで調べる

2018/8/8 更新