CONTENTS
「賃貸 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

賃貸物件退去時の金銭トラブルを回避するには?【後編】 yanusy.com/archives/1721 @yanusycomより

#ぱてぃが見た夢 赤ちゃん、預かり、友達、鞄、電話、SNS 、責任転嫁、おむつ、笑顔。 変な賃貸物件、謎の住民、奇抜なお洋服、t、トラブル、社長、電話、おこ、異性関係、助ける、お人好し。

Twitterぱてぃ*とおやま@9月誕生月@Patty_kiteru

返信 リツイート 5:06

隣人がうるさい!マンションの騒音トラブルで揉めた事例と対処法 bit.ly/2qR5nVK #月曜日から夜更かし #ボンビーガール #東京に住みたい #部屋探し #賃貸 #引越し #一人暮らし

Twitter東京23区口コミ・評判@_tokyo23ku

返信 リツイート 4:59

【お役立ちコラム】意外と身近な賃貸トラブル事例集~ペット編~ kashitaisupport-tokyo.com/1208

Twitter貸したいサポート東京版@kashitaisupport

返信 リツイート 2:41

返信先:@domatt3k 賃貸会社の人から、昨今はしない方がいいっていわれたよ。トラブルになるみたい。

RT @hiroyuki_ni: 新築の家は、欠陥があるかもわからないから危険だと思う派です。 新築に住みたいのであれば、新築の賃貸物件に入居すれば経験出来るので、一生に一回の買い物であれば、トラブルが少ないモノを選んだほうがいいかと。。。 まぁ、賃貸お勧め派ですけど。 ht…

返信先:@knm_pinas 日本でもそうですが、「賃貸の場合、入居時に写真を撮っておくと証拠になって退去時のトラブル回避になる」ってやつは、フィリピンでも使えるかも?って思いました笑 もう遅いですけど😂ダニエル氏うまくやってくれると良いですね!

Twitterタビマキ🇵🇭🌏🇨🇦🐢@bunbunredbee

返信 リツイート 昨日 19:40

こないだのマグネット広告にある水道トラブルで 数万円見積があった件とかもそだが 賃貸の設備でで困ったら 管理会社なり大家なりに連絡が一番いい

【YouTube更新】 youtu.be/apSRi9hb66w 不動産賃貸業と民泊を ・手間 ・トラブル ・収益性 という3つの項目で比較してみました。 すべて実体験なのでぜひご覧ください。 pic.twitter.com/vzUthdFNXQ

Twitter木内健介 民泊・ゲストハウス経営中@徳島@kensukekinouchi

返信 リツイート 昨日 17:42

[築18年の賃貸マンションの玄関ドアのトラブル調査] asakurahou.exblog.jp/24670004/

Twitterアサクラハウス 朝倉聖也@asakurahousekk

返信 リツイート 昨日 11:24

賃貸アパートのトラブルの定番といえば

賃貸アパートのトラブルの定番といえば 賃貸アパートで発生するトラブルの定番と言えば、退去時の追加請求に関することでしょう。
部屋に傷や汚れがあれば、次の住人のためにそれを修繕するのは当然のことではありますが、悪質なところでは身に覚えがない部分までクレームをつけられることがあります。
これをやられてはたまったものではありません。
ここで大きなトラブルとなった経験がある方も多いのではないでしょうか。
このような賃貸アパートのトラブルを回避するためには、入居時の対応にも注意しなければなりません。
見学時に気になるキズや汚れがあれば、すべてを修繕してもらうように交渉しましょう。
また、指摘しても修繕をされないようなケースであれば、必ずそれらの箇所を写真に残しておきましょう。
当日の日付がわかるようなものと一緒に撮っておくと効果的です。
そこまでするのかと思う方もいらっしゃるとは思いますが、そこまでしてようやく最低限の退居時の準備ができたと言えるでしょう。

賃貸アパートの業者選びについて

賃貸アパートを仲介している業者は、不動産屋ですが、それぞれのお店に特徴があります。
そのため、利用する前に傾向を知っておくと良いでしょう。
例えば、全国展開している大手は、豊富な物件情報を持っています。
また、自社物件もあるので、何かしらの住居は見つけられます。
そして、地元で営業を長年してきている不動産屋は、他では見られない物件がある可能性があります。
地元の大家が優良物件の仲介を依頼しているという事例もありますし、その地域をメインに扱っているため、必然的に地元物件の扱いが多くなります。
賃貸アパートは、このように扱う業者によって異なります。
したがって、事前に傾向を掴んでおくと良いです。
ただ、最近は、ネットワーク化されており、一応他の不動産屋で扱う物件情報を知ることができるため、この点の個性は薄れつつあります。
しかし、専任媒介の場合もまだありますので、この傾向の違いは意味を成していないわけではありません。